かねごんの放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無事、運転免許更新できました

<<   作成日時 : 2018/01/31 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 センター試験を解くのが遅れていますが、仕事してないのに忙しかった訳は表題の通りです。運転免許の更新時期で立て込んでいました。脳梗塞になった人は、運転免許の更新が一気にハードル上がります。通常の人は長くても2時間の講習と視力検査を受ければ、基本それだけで更新できます。

 自分の場合、まずは11月所沢の障害者リハビリセンターで、運転評価をやりました。所内でペーパーテスト(脳機能テスト)と実車運転などをやりました。右足もまだ動きがいまいちなので回転数をうまく調整できず、場合によってはアクセルを左に改造した方がいいといわれました。あと右手完全麻痺なので左手だけで運転のため、ハンドル旋回ノブを付けたほうがいいといわれました。そして、自分の場合、目をレーザー手術した影響もあり、視力も今までの裸眼では無理になったので、眼鏡を買いに行きました。そのために12月眼科でメガネ処方をもらい、別の日にメガネ屋さんで運転用メガネを買いました。

 1月、都庁の免許更新センターで、更新のために必要な診断書を貰いに行きました。脳梗塞であることを伝え、それ用の診断書を貰い、それをいつも通っているリハビリ病院で書いてもらいました。そして最後に、1か月前に予約してあった鮫洲の運転試験場で運転適性検査(無料)をやり、それに通過すればあとは通常の更新講習などを受ければいいという流れでした(適性検査の予約は東京の場合だいぶ待たされるので、とりあえず早めに予約した方がいいでしょう)。適性検査なのですが、難しい試験かと緊張していたのですが、一応シミュレータなのですが、高次脳機能検査ということで、運転中の画面に赤い点が出たらクラクションを鳴らすというものだけでした。1つ見逃しはあったのですが無事合格し免許更新できました。リハビリ病院でシミュレータをやった時、だいぶ人を引いていたので、シミュレータ怖いなと思ってたんですが、何とか一安心です。

 結果運転免許の更新に全日ではないにせよ、のべ6日間、費用は約3万円かかりました(眼鏡代中心)。条件はAT車限定(ギア操作中ハンドルを完全に離す危険性があるため)とメガネ等必要になりました。まだ仕事してないので、遊び用に車を買えるのはいつになるか分かりませんが、親父が自分と同じ介護状態(要支援1)となり、もしかしたら介護生活になるかもしれません。そうすると、家族で唯一運転できる自分が運転する必要が出てくるかも分からないので、更新しておきたかったのです。

 さて最後に、運転免許とは全然関係ないですが、センター試験解く遅れとして、wordの数式エディタ(3.0)が今月使えなくなりました。自分は教師なり立ての20代の頃から使っていて、今まで作っていたプリントもほぼこれだったので、実に迷惑しています。センター試験も、鉛筆で書くよりPC上で解く方がまだ早いのですが、新しい数式エディタに慣れず、実に苦戦しています。でも今日からまたセンター試験解いていくつもりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無事、運転免許更新できました かねごんの放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる