2009紅葉狩り1泊2日の旅 ①上信越高原国立公園の清津峡とコテージ

 10月31日(土)、学校の方は中間試験とその返却、成績処理も終わり、この週末は自分にとって予備校も休みで3連休ができました。最近は特に高1の生徒からの誹謗中傷で、自分の精神は発狂寸前でした。そこで、天気も良さそうなので友人を半ば強引に誘い急遽1泊2日の紅葉狩り旅行に出かけることにしました。その記録です。

画像 紅葉狩りというと自分の定番は山梨県の富士五湖でしたが、今日現在まだ紅葉のシーズンを迎えていなかったため今回は北上し、新潟県の入り口に少しだけ入ってみることにしました。朝11時にさいたま市で待ち合わせした後、飲み物などの買い出しをして国道16号、国道254号を通って東松山ICから関越道に。群馬では運転も少し交代してもらいつつ、一気に新潟県の湯沢ICに午後3時に到着。今日は日本三大渓谷の一つであり、紅葉スポットの一つである「清津峡」という所へ行ってみました。

画像 気持ち紅葉には早かった印象でしたが、渓谷美としてはきれいなものでした。そして、「清津峡渓谷トンネル」という、全長750mの歩いていくトンネルがあったので、入場料500円を払って中に入ってみることに。トンネルの中は風も吹いて寒い中、3つの見晴らし所があってそこから渓谷を見ることができました。トンネル内には、この渓谷に関する資料展示もありました。川の方に少し降りてみると、それはそれで川と山のコントラストが大変良かったです。

画像 この後、魚沼スカイライン(無料)という道を走ったりしてみましたが、もう5時を過ぎていてかなり靄も発生していたためあまりいい景色を楽しむことはできませんでした。とりあえずせっかく魚沼まで来たのでお米を買って宿のある苗場に向かうことに。6時に本日の宿「苗場ウエスト(三国峠温泉御宿「本陣」の系列)」に到着。今回久しぶりにコテージに泊まってみることにしました。コテージに泊まるのは2005年の友人といった北海道以来(普通コテージは1人では宿泊できないですからね)。そして今回のコテージは「本陣」の温泉2つにも入れ、ユニットバスもあり、ミニキッチンも付いている仕様。これで1人4500円は安すぎです。

画像 なので自分のアパートからキムチ鍋の食材と調理器具(鍋や炊飯器など)を持ってきての自炊を。友人が温泉を楽しんでいる中、自分はのんびりご飯を炊いたり野菜を切ったりの準備をし、8時に一緒に夕飯を食べました。そして自分は離れの温泉に行ってみると、紅葉がライトアップされていました。離れの露天温泉に入りながらのこの景色は絶景でした。右の写真はその時の写真です(一度温泉に出てから改めてこの写真を撮りに来ました)。友人とお酒を飲みつつ、持ってきたゲームキューブを一緒にやったりして就寝となりました。つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック