かねごんの放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008春 紀伊半島一周の旅 第3日 伊勢→熊野 鬼が城・熊野三山に

<<   作成日時 : 2008/03/31 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 昨日は雨の伊勢だったわけだが、今日未明に何とか雨もあけたらしい。今回のホテルは食事が一切なかったので、昨晩は外食の伊勢カツ定食&伊勢うどんを。そして今朝は、昨日買っておいた伊勢鳥チキンカツ丼を食べた。伊勢はおいしいものが多くていいですね。

 今回は朝6時半起きだったにもかかわらずたくさん寝ることができた。志摩の方にも行こうと少し思ったが、インターネットの情報でそこから南下するための国道260号は海沿いで、上級ドライバー用の崖道路ということが書かれていたので、今回は危険を回避するために23号を戻ることに。そこから今回の旅のメインである国道42号をひたすら進むことにした。

画像 朝9時に伊勢を出発して、10時に道の駅おおだいに。そこで熊野古道用のお弁当「伊勢海老巻き寿司」を買う。まずは熊野古道入口一つ目のツヅラト峠を探すが、国道23号から離れて行くもどこが入り口か分からず迷う羽目に。結局あの危険な?国道260号沿いからも攻めたりとしたものの、入り口が分からない。古道だけあって、それっぽいものはいくつかあるのだけど、どれがホントの古道か分からない。

 だいぶ時間を無駄にロスしつつ、12時頃に熊野古道3つめ入口馬越峠を見つける。そこで少しだけ進むも、かなりの山道のためすぐ駐車場に戻る。昔の人はこれを越えて参拝していたのだからすごいの一言に尽きる。13時に道の駅熊野きのくにに。生オレンジジュースを飲んだりして、そのあと「鬼が城」に到着する。

画像 はたして「鬼が城」とは何なのか?海沿いのお城なのか?よくわからないままとにかく行ってみることに。晴れてきて海もとてもきれいだけど、だんだん進んでいくと切り立った岩場が。波で浸食されたり風化されてできた無数の洞窟や奇岩、これが鬼が城らしい。右の写真の通りです。これが結構自分には怖い。1kmをひたすら海岸沿い登り降りした。約1時間歩き続けてやっとのこと鬼が城西口に。でもここからまた歩いて鬼が城を戻るのはしんどいので、一般道を歩くことに。まさか熊野市で熊野古道ではなく、熊野のトンネルをひたすら歩くことになるとは。地元の人が使う歩行者用の地下道を進んでやっと鬼が城に戻ってくることができた。

 3時半に、3日間いた三重県とお別れし和歌山県に入り、熊野三山の一つ「熊野速玉大社」に。伊勢神宮とは違い、朱色の目立つ鮮やかな建物だった。これが「新宮」かと感じた。そして山中に入り30km車を走らせ、二つ目の熊野三山「熊野本宮大社」に。こちらは人こそ少なかったけど、階段を上りつくと結構落ち着いた神秘的なところで、4柱も宮が祀られていた。あと一つは明日行くことにしよう。

 今晩は、紀伊勝浦町で泊まる。いったんチェックインした後、この旅初の温泉に入るため少し車を走らせて隣町の湯川温泉「桜湯」に。いわゆる公衆浴場だけど、温泉で露天。夜空の星空を見ながらの温泉はとても気持ち良かった。車の運転疲れも取れそうです。ホテルでマグロ寿司などを食べながら明日に備えてこれから寝ることにします。おやすみなさい。つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、当方は熊野古道案内の管理人をしています。
http://kumanokodou.info です。
熊野古道関係のブログの紹介のための掲示板を始めました。
http://kumanokodou.bbs.fc2.com/ 一度ご覧ください
熊野古道の案内人
2009/03/18 01:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008春 紀伊半島一周の旅 第3日 伊勢→熊野 鬼が城・熊野三山に かねごんの放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる