アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


病名と症状のご報告

2016/06/19 11:36
 退院して1ヶ月以上が経ちました。退院してから現在もリハビリ生活なのですが、おそらく主疾患の方は薬のおかげもあり安定してきたと思われるので、ここで報告したいと思います。

 主疾患の病名は脳梗塞です。まさか30代の自分がなるとは思いませんでした。年齢からすると若年性脳梗塞と言えるかもしれませんが、原因は高血圧・糖尿病・高脂血症など典型的なものでした。以前から学校の健康診断の数値が悪くて、それでも医者嫌いの自分は高血圧以外治療をしていなかったので、なるべくしてなったという感じです。

 症状として一番つらいのは、右手が使えないことです。現在もほぼ完全麻痺(ステージ2)で、全く自分の意思で動かせません。例えば字が書けないとか箸が使えなかったり、ペットボトルが開けられないなどこんなに不便かと思うほどです。左手で代用できるものは利き手交換で何とかしないといけません。でも両手使うこと、例えば何かを結んだり楽器を演奏するなどは最悪一生あきらめないといけないかもしれません。

 あとは右足の歩行障害と構音障害です。でもこれは回復の兆しはあります。3月までは車いす生活でしたが、4月からは杖で歩行が可能になり、今は室内なら杖が無くても歩けます。構音障害は滑舌が悪いくらいで、今も発音自主練中です。この二つはリハビリ病院でだいぶ訓練したため、だいぶ良くなったと思います。

 でも、現在もう一つの病気が襲っています。それは糖尿病網膜症です。そのため入院中の4月から通院でレーザー手術を行っていて、さらに今より悪くなるとまた入院などして硝子体手術を行わないといけないそうです。もう病院での入院生活はコリゴリですが、だから今ブログを書いておきたかったんです。いつ突然死が襲ってもおかしくないでしょうし。でも死ぬのは怖くなくて、これからどうして生きていけばいいのか分かりません。ただでさえ生きているだけで迷惑かけているのに、こんな障害者雇ってくれる所があるのか。まずは障害者手帳が申請できる7月を待っている状況です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

かねごんの放浪記 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる