かねごんの放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 教員免許更新制廃止…かと思いきや、民主党はまた訳分からんことを…

<<   作成日時 : 2009/10/15 03:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

 なんか今日(日付的には昨日)のニュースは、それこそ後ろからハンマーで頭を叩かれたような衝撃がありました(空港ハブ問題の千葉県の森田知事と同じようなこと言っていますが)。

 とりあえず民主党は教員免許更新制は廃止の方向で検討しているようです。それだけを取って言えばいいことだと思います。結局教員免許更新制は大学を儲からせるだけのための制度であって、現場の教員にとって大学の講義を一方的に受けることにあまり意味はありません。だったら教員同士(有識者を入れてもかまわないが)で現場に即した研修会・学会、あるいは研究授業でもやった方が数倍マシです。そんなことを微塵も考えていないんでしょうか?

 しかし民主党は以前から言っていましたが、この自民党の作った教員免許更新制廃止ということで票を稼いだけれども、マニフェストにはもっと驚くことが書かれていたようです。それが「教員養成課程6年制へ」というのです。医者と同じように専門性があるためと言っているようですが、ホントに何を考えているんでしょうか?ただでさえ、昨今モンスターペアレントなどの存在で教員志望者はへりつつあるのに、これ以上減らして何をしたいんでしょう?もう教員はお金持ちでないとやれない職業なんでしょうか?それだけの見返りがあれば別ですが、教員の給料なんて医者とは比べ物になりません。いや、これからも非常勤などを増やし、結果経費削減されつつあるでしょう。

 要するに、大学を存続させるための方策ですよね?教員や教員志望者からお金をむさぼり取って、なるべくつぶさないようにしようというだけですよね?これは明らかに間違っています。あと、もう自分はしばらく受けていませんが、東京都の私学適性検査の2万円も明らかにうちらからお金をむさぼり取るためだけの制度ですよね?(近年この私学適性検査の見返りがあまりに少なく(A判定でもロクな話がない)、ただ個人情報だけばら撒かれその存在意義が薄れつつありますが)。まあもういい加減にしてほしいです。

 民主党は教育実習を1年にしようともしているらしいです。もうあきれてものも言えません。そんなのどこの学校の誰も受け入れてくれませんよ。指導教官も、「だったら自分が授業をやる」って言いたくなるでしょう。2週間だって迷惑だっていうのに、1年って。実習中の経験をまじめに書かせていただくと、いろんな人が教育実習で授業を実際やり始めて思うことは、途中で教師の仕事の難しさを知り、自分には向いていない、無理だなあと感じる人が多いようです。つまり教師を目指してきた人でも、心理的に教師をあきらめる人もかなり多いと思います。少なくとも自分はそうでした。でも実習後に、やっぱり教育っていいかもしれないなあと思えたから今の自分があるわけで、もしこれが1年続いたら途中で投げ出す人も多くなるでしょう。その場合、実習生にも生徒にとってもその消化試合は苦痛の連続でしかありません。1年という長い年月がタダの無駄な時間にしかなりません。

 もしかして実習生にそれも給料なしでやらせるんじゃないですよね?もし給料が発生しないとしたら、その1年分の人件費の節約のためですか?正教員と同じような業務をさせ、タダ働きをさせたいんですかね?1年っていつやるんですか?大学院1年生の時にでもやろうというんですか?それってその1年間の大学(院)やその学費の意味がなくなりますよね?その1年は単位は取れないということですか(笑)?突っ込みどころが多すぎてあきれて何も言えません。ましてやこのために文科省は調査費を要求?何様ですか(笑)?やるべきことは入り口を狭くすることではないでしょう。若い人たちの方が苦労してます、上の世代の借金を負担しているような昨今なんですから。ゆとり世代とバカにされ、高校での詰め込み教育という世代になってしまった今の子どもたち、そんな彼らも文科省の被害者です。だったらまだ免許更新制などで、無駄に高給取りしている使えない年配の人たちの首を切ってください。

 まあ政治家・大臣・官僚の方々良く時間をかけて考えてください。なにはともあれ、教員免許更新制廃止に関しても、だれが更新講習受けなくてはいけないのかはっきり明示してください。自分みたいな非常勤講師にはよくわかりません。とりあえず、うちらだけが時間もお金も損するような制度には反対です。あと、自分は投票してませんが民主党って何がやりたいのかよくわかりません。自民党の子育て手当を凍結し、自分の党の子ども手当法案を提出?どう違うんでしょ?とりあえず自民党が作ってきたものを壊したいようですが、そんなことより無駄な支出を早く見つけてくださいよ。いまだにうざい道路工事等は続いてますから。

 ちなみに、この件で自分の考えと近い人の記事を勝手にリンクしておきます。
→ http://d.hatena.ne.jp/rinsan/20090723/1248361041
→ http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/1ff295147e6db62c80a158a07c711506
→ http://yukikaze.otaden.jp/e58836.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教員免許制と日本の政治の今後(完成)
 先日の「教員免許更新制廃止 」に関する意見を述べましたが、いつもの先生方からのコメント ありがとうございます。 私も「とりあえず」一安心といった感じで、決して今回の廃止決定に安堵するにはとどまりません。確かに、民主党の案はホントメチャクチャで、これが実現し ...続きを見る
非常勤講師はつらいよ―私学非正規教員の本...
2009/11/01 23:54
間抜けた制度
 大多数の教員免許を持つものにとって迷惑な話でしかない「教員免許更新制」を崇拝するかの如く支持している人たちは,この制度が欠陥品であるということには触れてくれません。 ...続きを見る
Eric Prog
2009/11/11 11:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
かねごんさん
おはようございます。
教員養成に6年ですか!ますますなる人がいなくなるでしょうね。6年もやれば専門知識もつくから教科教育のレベルが上がるとか?(ほんとかい?)
教員をけなしながら、教員に頼り、教員に過大な期待をしているのではないでしょうか?そんなに学校に頼らないでほしいと思います。
教育実習を1年にすることは、専任の偉い先生に対して従順な教師を作るということではないですか?
だって、教師の世界が乱れていたら、生徒に影響がありますから。混乱をきたすと思います。
私も教育実習にいって、他の実習生は生徒とうまくやれているのに、私は担当教員に嫌味を言われ、同じ教科の他の先生に嫌味を言われ、その担当教員のクラスが崩壊していたこともあり(冷めていた)、いい思い出がまったくありません。こんな私が教師にはなれないと思ったぐらいです(実際、数年教師として奉職させていただきました。そこで心身ともにズタボロになり、現在に至っております。「お前が弱いからだ」「お前には教師としての適性がない」という声が聞こえてくることも(実際は妄想のようですが)あります。こういう役立たずな私が生きていてごめんなさいという思いです。
でも、現実には私よりももっと過酷な経験をされている先生方もいらっしゃいますよね。
では、企業など社会経験があれば、よい教師になれるのか?人によりけりだと思います。教師もまた、学年や教科の集団で動くのですから!協調性が必要でそれは企業と変わらないし、企業よりも目に見えない人間関係があるのです(子どもの目も厳しいです。どんなに「いい」先生であっても、教師集団から浮いていると思う教師をいじめます。私が中学の頃もすでにありました)。そこの部分を皆が見ようとも、理解しようともしなかったのではないでしょうか?
カモミール
2009/10/17 10:14
カモミールさん、コメントありがとうございます。

大学での授業は現場に即している物は少なく、中身の薄いものでした。自分もうまくいきませんでしたが、教育実習で少し雰囲気が分かり、実際に給料をもらい始めてから成績をつけたりすることで、自分の責任とか役割が分かったというのが実情です。だから、教員目的の人にあと2年大学にいさせるのがいいとは思いませんし、まして教育実習は無駄に長くても、教師をあきらめる人にとって後半は消化試合になるだけで無意味な気がします。また大学院って、教授の力を借りつつ一緒に研究をする所のはずで、その目的からもずれています。

カモミールさんが最後の方に書かれていたことが気になりました。

>どんなに「いい」先生であっても、教師集団から浮いていると思う教師をいじめます。

これは一般人の人にはわからないでしょうけど、ホントにありますね。かつての私立学校で、生徒からの評判が非常に良い先生がなぜかクビになったりしていました(自分には知りえない理由があったのかもしれませんが)。その先生は訴えませんでしたが、学校ってこんなにも陰険な社会なのかと痛感しました。誰のための学校なのでしょうか?
かねごん
2009/10/17 12:32
>かつての私立学校で、生徒からの評判が非常に良い先生がなぜかクビになったりしていました
私もそういうところを何度も見ました。
教員て、クラス運営にせよ部活にせよ、物ではない「目に見えないところ」で頑張る仕事だからだと思います。
そこで、「風説」が重要な情報源となるのでは?
「○●先生って生徒の話を聴かない」「授業になっていない」「生徒が授業中私語しているのに注意しない」「生徒の評判が悪い」などなどの。それが職員室だけならまだしも、生徒も敏感ですからね。で生徒の評判も悪くなる→その先生が職員室にいられなくなる→年度末で退職(とりあえず、何もなければいいと当の教師自身も思ってしまう)で「何もなかった」かのような新学期。
誰のための学校なのか?私もわからないです。いっそ寺子屋の時代に戻ったらどうだろうか!江戸の庶民たちは自分を守るために必死に和算や文章を学習したんですから!非常勤はまず、着任したら「周囲を見渡す」ことから始めないといけないですよね。これ結構時間かかりました。私に限らず、公立で長年やっている方でも異動先の文化になれるのは大変なのだそうです。意外な先生がその文化の「主」だったりしてお怒りを買うと自分の生命の危機を感じます・・・。
カモミール
2009/10/17 13:01
 つくづく自分も寺子屋の時代に戻ってほしいと思っています。今の学校はなんでも扱いすぎです。集団生活における…とか言ったことはホントは学校の仕事ではないはず。果たして学校とはどういう場所なのか、文科省などが先陣切ってきちんと示してほしいです。人を育てることすべてを学校に押し付けている今の現状は間違っていると思います。まあそういうのをやりたい人が今の学校の専任の先生方であり、自分にはとても向かないと感じますが、こんな混沌とした「学校」というのをいつまで続けるんでしょうか?
かねごん
2009/10/19 03:03
>人を育てることすべてを学校に押し付けている今の現状は間違っていると思います。まあそういうのをやりたい人が今の学校の専任の先生方であり、自分にはとても向かないと感じますが
私も本当に同感です。
私は専任でもあったので、ここまで何で学校が背負うのか?お膳立てをしてお化粧するのかと何度疑問に思ったことか。私自身は教員失格者であり、もう一度人生をやり直せるならば、絶対教師にはなりたくないです。
私自身は教師の仕事を通して、人間嫌いが加速しました。かねごんさんのいう「専任の先生方」だけでなく、学校に過大な期待をする世間とマスコミ、それに煽られる学校側の姿勢・・・。自分のころより学校に拘束される時間が増えているのでは?と思うのですが、生徒たちは休日でも制服を着て楽しそう・・・。そのイベントのために先生方は休めていないかも・・・。それをまたブログやホームページで紹介しなければ生徒募集に影響する・・・。この悪循環はいつまで続くのでしょう。
私は、何とか一人で生きていけるよう、工夫しようと思ってます。世間から指弾されようとも。
カモミール
2009/10/24 21:39
カモミールさん、コメントありがとうございます。

例えば学校教育法にある「学校内外における社会的活動を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養う」とかって、ほんとに学校の仕事なんでしょうか?人間性やら社会性は、学校でなくても育てられるものだと思うんですが、学校がホントにやらなければいけないのか?昔からつくづく疑問です。昔から文部省は嫌いだったのでもうこれ以上は言いませんが、少なくともこういう価値観である以上自分は教師には向いていないんでしょう。

自分の価値観ややり方は間違っているところが多々あると思いますが、自分なりに生徒のためになると思えることをこれからもやっていこうと思っています。
かねごん
2009/10/26 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
教員免許更新制廃止…かと思いきや、民主党はまた訳分からんことを… かねごんの放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる