避難しないわけ

 先頃、台風15号、台風19号、台風21号で被害を受けた方にはお見舞い申し上げます。年々台風・集中豪雨が激しくなっているのが分かります。地球温暖化が原因かもしれません。

 台風15号では、千葉県で甚大な被害が出ました。実は渋谷区でも19号より強い風雨に怯えました。ゴルフ練習場の鉄柱が家に倒れてきて、弁償しないとか意味が分かりません。そんなことしてたら、今後練習場を作る際、どこの住民でも反対運動が起きるでしょう。台風19号では我が渋谷区でも避難勧告が出るほど上陸時に大型で猛烈な台風でした。箱根では1000mmを超える雨が降ったようです。河川の堤防決壊が100か所を超えたという情報もあります。長野県の千曲川が氾濫など広範囲に影響が出ています。そして2日前の台風21号。これは関東のかなり東にそれた台風で、上陸はしてないのですが、また千葉県で大雨の被害が出ました。死者もいるようです。

 台風19号では東京23区でも大雨特別警報が出ました。でも、東京に住んでいる人はほとんど避難してないようです(避難所に行った人は8万人のようですが、都民の0.5%ですね)。渋谷区の場合、正式な避難所ではなく、自主避難所が開放されてはいましたが、自分の場合一番近いところでも1kmは超える場所でした。自分も傘さして歩けないので避難するのはつらいですし、父も要支援で障害者が2人いる状態です。その父も避難はしないといったので、結局家にとどまりました。我が家の近くに川がないというのも理由の一つです。でも、万が一の場合救助するの大変なのもうちらなんですけどね。

 先頃避難所で住所を持たない人を受け入れないという自治体があるのを聞きました。ありえないだろうと思います。避難なのだからだれでも受け入れるべきだろうと思います。自分みたいに臭い人でも受け入れるべきです。だけど、そういう人がいるせいで避難したくない気持ちも分からなくもありません。結局自分の家がみな快適なわけです。避難所生活が辛そうだとニュースを見て知ってしまっているのです。プライバシーもないし、パジャマでくつろぐこともできないし…。自宅の状態も気になり、避難しない人が多いのです。正常性バイアスとか言われていますが、それもあるかもしれませんがそんなことより避難所に単に行きたくない人が多いと思います。

 まず避難情報ですが、確実に見れる媒体を増やすべきです。台風19号では、渋谷区のホームページもダウンしていました。渋谷区のツイッターが辛うじて見れる状況でした。あとはテレビやデータ放送から知ることができました。防災無線は大雨の音とハウリングやらで何言っているのかわかりません。避難所は以前から知ってはいましたが、開設状況が分からないので、そういうのも確実に見れるようにしておいてほしいです。そして可能なら避難所を快適にしてほしいです。無線でいいのでネットがつながる(携帯が使える)状況ならみんな避難するかもしれません。まあ避難する状況が起きないことを祈るばかりですが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント