アクセスカウンタ

<<  2017年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ゼリア新薬の新人研修自殺

2017/08/09 15:18
 つくづくこういうパワハラな労働環境には苛立ちを覚えます。ゼリア新薬の新入社員研修で、吃音障害を指摘され、いじめられてた体験を言わされ、精神的負荷を負い自殺したそうです。まったくこんな研修に意味があるとは思えません。吃音なんて先天的なものでしょうし、いじめも含め明らかにパーソナルな問題で、触れてはいけない領域だと思います。このような研修をやらせるなんてブラック企業にほかなりません。

 新入社員の時ならまだ何をやらせてもいいという風潮が好きになれません。たしかにやる気が一番ある時でしょうが、それを悪用しているのが許せません。自分は正社員だった時期はたいしてなく、少しあった研修もゆるゆるで時間の無駄な研修だったなあと記憶していますが、まだその方がましです。これは精神を鍛えるという名目でパワハラをしています。警備員の研修が大変なのは知っていますが(以前伊豆旅行中に出くわしました)、そういう業界ならまだしも、仮にそれであっても人格攻撃は許せません。

 そういえば最近ミスタードーナツの社員でもパワハラが明らかになったことがありましたね。クーポンの裏紙が、「優秀な大学に入ればよかったでしょ」といった内容が印刷されていたやつです。まったく大学で判断するやつの気が知れません。自分なんか学歴なんてくそくらえと生きてきました。いい大学なんてこちらから切ってやりました。どんな大学であっても、いや中卒だって輝いている人たくさんいます。弱みにつけ込むようないじめ方って最低だと思います。もっと光る原石を見つけてあげてほしいです。

 本題に戻りますが、立場の弱い人に対して何してもいいという風潮が許せませんし、そんな会社に未来はないと思っています。世の中パワハラだらけでしょうが、立場の低い人にチャンスを与える、そういう社会になってほしいと願っています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年8月のブログ記事  >> 

トップへ

かねごんの放浪記 2017年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる