2007夏 榛名湖友人の別荘へ旅行~流星・白根山・草津温泉の巻

 8月11日(土)~8月14日(火)まで群馬県の榛名山の別荘に行ってきました。毎年恒例ではあったのですが、夏に行くのは3年ぶり。つまりこのブログで夏の榛名日記を書くのは初めてです。結構ニュースになったようですが、8月13日がペルセウス座流星群が極大になり、また今年は新月ということもあって、絶好の流れ星日和?となりました。ちょうどその期間にぶつかった旅行となりました。

画像 11日(土)夜10時に大宮待ち合わせして、別荘の食材を買出しし、川越ICから関越道に乗りました。高崎ICを降りて、県道28号をひたすら登りました。そして松の沢峠で少し車を降りて空を見てみると、数多の星が。しばらくその星を見ていると1つ2つ流れ星が見えました。そしてAM4時、榛名湖のほとりにある別荘(リゾートマンション)に到着。右の写真のような榛名富士の朝日を見てから、とりあえず寝ることになりました。

画像 12日(日)遅いブランチを食べた後、午後4時北の「ぐんま天文台」に向けてドライブ。お盆入りたてというのと、明日(今晩)流星が極大になると言うこともあってか、夕方6時に群馬県の山奥に長蛇の列。ペルセウス座流星群の説明会は急遽回数を増やしていました。そんな説明も受けたあと、夜8時からは野外観測会。100人近くがブルーシートの上に寝っ転がってみんなで流星観察。流星が見えた時、「あっ!」とか「見えたー!」とあちこちから歓声が沸いた。その反面、子どもたちの中には「まばたきしちゃったー!」とか「違う方見てた!」とか残念がる人も。でもなかなかこんな機会はないので楽しかったです。携帯電話をつけたりマナーの悪い人がいたのは残念でした(誰か一人でも携帯つけると全員が眩しい)。

 別荘に帰ってきてからも駐車場でレジャーシートを引いて星空観察。たぶん30以上の流星は見れたと思います。でも星空を見ていると飛行機が見えたりしましたが、明らかに動きの変な光が見えたりしました。友人らは「UFOじゃないか?」などといっていました。自分は全くそんな物信じないので、違うでしょとあしらっていました。そしてあくる日13日(月)、朝起きると携帯が衝撃を与えたわけでもないのに壊れました。画面にありえないヒビが。データも使えなくなっていました。これは一体?もしかしたらありえないといったUFOの仕業なのでしょうか?

画像 13日(月)、そんな不気味な中今度は榛名湖から西に向けてドライブ。途中の吾妻渓谷では、白糸の滝?と渓谷を楽しみました。そしてひたすら走ること1時間、草津に到着。そこから温泉の有毒ガスが吹き荒れる中、30分くらい車で山道を行くと、白根山の山麓に到着。そこから少し歩いて登ると、山頂の白根山湯釜に到着した。ここはPH1.2という世界一の酸性湖らしい。2000mということで、高山植物がたくさん咲いていた。

画像 そんな幻想的な湖を見た後さらに山奥へ。日本の国道最高点を越えて、長野県に少し突入。標高2000m越えのドライブはまさに天空を駆け抜けるドライブといった感じだった。そして奥志賀高原、横手山ドライブインに。ここは、信州のサンセット100選に選ばれていて、結構写真を撮っている人が多かった。そして夕暮れがすぎ、草津に戻る。草津の「ベルツ温泉センター」で温泉に入り、榛名湖に戻った。

 14日(火)は、1人の友人が急用が出来たので、朝食を食べてすぐ別荘を片付け、高崎駅に送ることに。そのあと、まだ帰省ラッシュは始まっていなかったけど一般道をひたすら走り午後3時に川越に到着。せっかくだから川越を周遊することに。この日の川越の町の気温は35度越え。そんななか菓子屋横丁と蔵作りの町並み、そして時の鐘などを見物した。暑すぎたのでもちろん菓子屋横丁ではかき氷を食べたり、ラムネを飲んだりした。そして帰ってきた。今回の榛名旅行でも、榛名のいい空気と自然を楽しむことが出来てよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロビンソン
2007年08月24日 22:15
PH1って超酸性ですね!

酸塩基の分野 いや 化学は苦手ですよ・・・全然数学ともリンクしない感じがします。
2007年08月25日 01:10
自分も決して化学には詳しくありません(大学受験のときは化学使った気がしますが、完全に知識が抜けています)。

PHが1.2ということは、強酸性でしょうね。塩酸級です。ということは、触れただけで肌は溶けるかもしれません(すべては想像)。でも、化学に限らず数学は理科とかなりリンクします。だから、理屈が分かると自分で計算できる所がおもしろいんだと思います。

だから、こういうのを見て理系と文系では感想が全く違うのかもしれませんね。
ロビンソン
2007年08月25日 23:51
「肌が溶ける」をいい意味にするとしたら「お肌スベスベ」ということかもしれませんね^笑^

理系と文系って確かに考え方がかなり違ったりしますよね!
2007年08月26日 00:51
お肌スベスベで済めばいいんですけどね(笑)。

理系の人は結構分析的に見てしまいます。なぜあんな色になるのか、光のスペクトルのせいだろうなあ…とか。まあこれは半分冗談でも、何に対しても「なぜ」という気持ちは必要ですよね。それが勉強になり、思考力が身につく(教育的には「生きる力」)になるのでしょうから。by桜木先生
ロビンソン
2007年08月28日 11:23
確かにそんなこと言ってましたね^笑^

まああんまりつけすぎるとお肌がスベスベを通り越してしまいますねー^笑^

この記事へのトラックバック