北海道横断ドライブ旅 1日目 東京→喜多方→仙台 ~祭りとラーメンと牛肉

画像 結局旅行の大まかな流れを考えることで、深夜の時間を使い果たしてしまいました。ほとんど寝ることもないまま、今日7月29日(日)朝7時に車で出発した。

 国道4号を基本的にひたすら北上した。埼玉は晴れていたけど、栃木に入るなり急に大雨になったりまた晴れたり。9時に宇都宮を通過して白河からは国道294号茨城街道で山越えをしようとする。しかしあまりの大雨に気持ちは怯んだ。正直あの大雨での山越えは怖かった。しかしその先に一度は来たかった喜多方(つまらなくてすいません)があるので、何とかしていってみたかった。

 昼12時会津若松の町に入ると天気は急に好転。そして30分後喜多方の町に着いた。会津は2年前の旅で訪れましたが、喜多方はSLで通過しただけ。やはり喜多方といえばあのラーメン。それと同時に蔵の町でもあるのですが、今日の様子は違いました。今日はちょうど日曜日で夏祭りの日。「喜多方レトロ横丁」ということで、いろんな出店、そして昭和を思い出させる展示が街中にたくさんありました。高校生なども出店をがんばっている様子を見て、まさに文化祭、学祭のような雰囲気。そんな中で昭和の歌や映画もやっていて面白かったです。そのあと「蔵前」というとんこつ煮干し系の喜多方チャーシュー麺を食べた。やはりおいしかった。太い縮れ麺は食べごたえがあって好きです。そして喜多方のチャーシューも大好きです。

画像 2時に喜多方を出発し、国道121号で初ドライブの山形県へ。3時に米沢の町に着いた。米沢と言えば米沢牛。喜多方ラーメン食べてたった1時間であったからお腹はそんなに減ってなかったけれど食べないわけには行かないので、駅の立ち食いでミニ米沢牛丼を食べた。400円だったが、これがめちゃくちゃおいしかった。味が濃く、肉が柔らかい。正直吉野家などとは比較にならないくらいおいしかった。まさか立ち食いがいいとは思わなかったので写真はとりませんでしたが。

 そして国道13号を北上して山形駅に5時に到着。時間があれば山寺など行きたかったけど、今日は約束をしていたのですぐ仙台へ。国道286号笹谷街道をひたすら行くが、急に周りの車がみな高速に乗り出した。何だか不安になりつつ行くと急に道幅は狭くなる。そして霧の山中に入る。いわゆる一気に奥羽山脈越えなので、ものすごい勾配で、なのに道幅はせまい。正直怖かった。対向車も山を越える中でたった1台しかなかった。その位激しい道である。まさに不気味な山道。途中に祠らしきものもあるし…。それを越えるとやっと宮城県に。そして夜7時に今日の宿メルパルク仙台に到着した。

画像 仙台の友人と1年ぶりに再会。そして今年も牛タン定食を食べに行った。高い(と言っても1000円強)けれど、やはりそれなりの価値のある味であった。そして帰ってきてから米沢で買った駅弁「牛肉どまん中」を食べた。米沢牛はお弁当にしてもやわらかかった。そぼろとすき焼き肉の混ざったお弁当で満足だった。それにしても今日は何だかずいぶん食べまくったなあ…。春の駅弁の旅みたいである。

 あれ?北海道の旅とか言っていながら、未だに東北の半分。極力高速道路は使わない予定ですが、こんな調子でホントに知床までいけるのだろうか?つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック